フラット35とは何ですか?


フラット35(フラット35S等含む)は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利の住宅ローン(一戸建て70㎡以上、マンション30㎡以上)です。

長期固定金利住宅ローンですので、資金のお受取り時にご返済終了までのお借入金利・ご返済額が確定します。

よって長期にわたるライフプランを立てやすくなるという利点があります。

また、一般的に住宅ローンのお借り入れに当たって必要となる保証料はかかりませし、保証人も必要ありません。

ご返済中に繰上返済や返済方法の変更を行う場合も、手数料はかかりません。

そして、住宅金融支援機の技術基準(住宅の規模・規格、耐熱性、耐久性、維持管理等)をクリアーした申請建物でなければ審査がおりませんので安心です。

その他、フラット35Sという制度もあり、フラット35をお申込みの方が、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、

フラット35のお借入金利を一定期間引き下げる事ができる制度です。

しかし、誰でもフラット35を申し込み、できるわけではありません。

お申込みできる方の概要として、満70歳未満の方(親子リレー返済の場合を除く)となります。

また、

金利タイプは全期間固定金利

返済期間は15年から35年までの1年単位

借入額は100万円以上8000万円以下

融資割合は90%(金融機関によっては、残り10%も別の枠で借入できます。)

団体信用生命保険は任意加入

保証人は必要なし

住宅の床面積は一戸建ての場合70㎡以上でマンションの場合30㎡以上です

申込先は提携の金融機関となり、

申し込みには住宅金融支援機の技術基準の適合証明、検査済証が必要です。

住宅金融支援機の技術基準の適合証明、検査済証の審査、発行は民間の審査機関が行っており、民間の審査機関に申請して適合している
とみなされれば受け取る事ができます。