フラット35と銀行融資の違いは?


フラット35の審査は、借入の審査と住宅金融支援機の技術基準の審査があります。

借入の審査は、お近くの銀行や、借入予定の銀行に尋ねるとよいと思います。

フラット35と銀行融資の違いは、

「物件」に比重を重くおくか? 「人」に比重を重くおくか?の違いがあるみたいです。
フラット35の場合は「物件」に比重やや重くおく審査をする所が多いみたいです。

住宅金融公庫融資の流れを汲む半公的融資といえますが、そちらと同様に物件に対する「適合証明書」の交付を義務化しています。

適合証明書とは住宅金融支援機の技術基準の審査に合格した証明書みたいな物です。

この適合証明書が無ければフラット35による住宅ローンを設定することはできなくなっている仕組みです。

もちろん、フラット35でも住宅ローンを利用する人の返済能力についても審査を行っていますが、

審査の重みという上では銀行の住宅ローンと比較して「物件」の方にやや重きを置いている向きがあります。

要は、将来的に価値が下がりそうな建築物や優良でない建築物に対しては審査が通りにくいということになります。

①仮審査の内容に嘘や大きな変更点が無い
②将来的に価値が下がりそうな物件や優良でない物件
③本ローン以外に借金が無い(少ない)

この3点を吟味すれば、①③が大丈夫だと思われるんで、焦点は「物件の将来性」の評価になります。

この「物件の将来性」は、住宅金融支援機の技術基準の適合証明の発行、によって担保されます。

発行は民間の審査機関が行っており、民間の審査機関に申請して適合しているとみなされれば受け取る事ができます。
また、この適合証明の申請受取は、個人でもできますが、図面の作成、申請書の作成など、技術的な事が多い為
多くの場合専門業者に依頼し適合証明の発行受取を代行してもらいます。

代行はこちら

http://フラット35.jp/about/