建物の出窓部分の床面積算入について


「建物の出窓部分の床面積算入について」

建築基準法と不動産登記法では判断が異なります。
よって建築確認申請面積と登記面積で面積が異なる事が多々あります。

「建物の出窓部分の床面積算入の要否」について書かせていただきます。

建築基準法上の床面積は
建築物の各階またはその一部で壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積とされています。

h:室内床面から出窓までの高さh≧30cm
d:外壁面から出窓先端までの長さd<50cm

上記の条件を満足し、かつ出窓の見付け面積の1/2以上が窓となっている場合は、出窓扱いとなり延べ床面積に算入されません。

これに対して登記上の床面積は

「出窓は、その高さ1.5メートル以上のものでその下部が床面と同一の高さにあるものに限り、床面積に算入する。」と規定されています。

出窓の下部が床面と同一の高さにあり、その出窓の高さが1.5メートル以上あるものであれば、床面積に算入することになります。

よって建築確認申請面積と登記面積で面積が異なる事が多々おこるのです。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。