建物は隣地境界線から、どのくらい離したらよいのですか?


確認申請(建築基準法の確認)では特に後退距離について問われる事はありません。

但し、壁面後退が定められている場合を除きます。

また、まれに境界線から、50㎝離れていないと役所から隣の人の承諾をもらってきて欲しいと言われることもあります。

なぜ50センチかと言いますと、建築基準法には規定がありませんが、民法に規定がありますので、まれに承諾を求められます。

民法の内容ですが、234条1項「建物を築造するには 界線より五十センチメートル以上の距離を存することを要す」と定められています。

したがって建物を建てるときは、原則として建物外壁面と敷地境界線との距離を50㎝確保した方が、トラブルに巻き込まれにくいと思われます。

詳しくは一度お問い合わせ下さい。

建築確認申請代行センター